アネモネの花言葉:色による違いとプレゼントする際の注意点

豆知識

アネモネはヨーロッパ南部を起源とし、独特な花言葉を持つ魅力的な花です。今回は、そのアネモネの色別の花言葉と、その背景にある特徴や意味について解説します。

学名 Anemone coronaria
一般名 ボタンイチゲやハナイチゲ
キンポウゲ科
アネモネ属
原生地 地中海地方
花の季節 2~5月

 

アネモネの主な花言葉

アネモネの主な花言葉は「はかない恋」とされます。これはギリシャの神話に由来し、美の女神アフロディーテが矢の誤射により美少年アドニスに恋したものの、彼が事故で亡くなるという物語が背景にあります。この伝説にちなみ、アフロディーテの涙やアドニスの血からアネモネが咲いたとされています。

 

多くの人がアネモネの花言葉を少し悲しいと感じるかもしれませんが、色によっては、より明るい意味合いを持つものもあります。

 

色別のアネモネの花言葉

 

赤:「君への深い愛情」

ピンク:「希望や待ち焦がれる気持ち」

白:「清潔感、真実、期待」

紫:「誠実な信念」

青:「堅実な誓い」

オレンジ・黄色:特定の花言葉はありませんが、「はかない恋」が適用されることが多い

 

アネモネにはネガティブな花言葉もあると感じる人もいるかもしれませんが、正確にはそのような意味は存在しません。それにもかかわらず、感じるさみしさは確かに存在するでしょう。しかし、ピンクや白などの明るい花言葉を持つ色を選んで贈れば、喜びを感じることができるでしょう。

 

アネモネとはどんな花?

アネモネ自体は、キンポウゲ科に属する多年草で、15〜50cmの高さで育ち、春の季節には美しい花を咲かせます。そのカラフルな花弁と中心部の模様が特徴的であり、さまざまな花形を楽しむことができます。

 

アネモネはお祝いのプレゼントにもおすすめ

アネモネを贈る際のオススメのシチュエーションは、出産祝いや誕生日などのお祝い事です。特に3〜4月生まれの方への誕生日プレゼントとしては最適でしょう。ただし、選ぶ色や花言葉には気を付け、贈る相手の好みやシチュエーションに合わせて選びましょう。

 

本数別の花言葉

アネモネの花言葉を大切にし、それに合わせて本数を選ぶことで、さらに特別なギフトに仕上げることができます。

  • 1〜10本 「明るい未来」
  • 11〜20本 「変わらぬ愛情」
  • 21〜50本 「ともに過ごす永遠」

 

本数によって異なる花言葉を持つことができます。

 

まとめ

恋人や家族、友人への贈り物として、またはウェディングブーケとしても、アネモネはとても人気があります。その際には、花言葉や色を意識して、心のこもったギフトとしてアネモネを贈りましょう。

Verified by MonsterInsights