ChatGPTの活用方法:初め方、技術の活かし方、およびビジネスへの応用

ChatGPT

ChatGPTは2022年にデビューし、その先進的な機能により全世界で話題となっている最先端のAIベースのチャットツールです。

この記事では、Schooの授業を参照しながら、ChatGPTの使い始め方、効果的な利用方法、および具体的な使用例について詳細に説明します。ChatGPTに興味はあるものの、まだ利用していない方や、登録したものの使用方法に戸惑っている方には特にお勧めの内容です。

 

ChatGPTの背景

ChatGPT(通称:チャットジーピーティー)は、アメリカのOpenAI社が2022年11月にリリースした、大規模な言語モデルを活用した対話型AIツールです。ChatGPTの「GPT」は、Generative Pre-trained Transformerを意味し、OpenAI社によって開発された大規模言語モデルシリーズの一部です。

ChatGPTに使用されている大規模言語モデル(LLM:Large Language Model)は、大量のテキストデータを基にトレーニングされており、従来のモデルよりも高い精度と速い処理速度を誇ります。

この技術は2018年頃に登場し、時を経て性能が向上し、ChatGPTとして無料で提供されることで広く注目を集めるようになりました。

 

生成型AIについて

ChatGPTが使用する大規模言語モデルは、生成型AIの一例です。生成型AI、またはジェネレーティブAI(Generative AI)は、学習したデータを基に新たな文章、画像、音声、音楽を生み出すAIを指します。

従来のAIとは異なり、完全にオリジナルのコンテンツを生成する能力が特徴です。例えば、スマートフォンの顔認証機能のように、あらかじめ入力された情報に基づいて特定のタスクを実行するのが従来のAIです。しかし、生成型AIは与えられた情報から完全に新しいコンテンツを創出します。

 

ChatGPTの動作原理

ChatGPTは、インターネット上のテキストデータと人間のフィードバックを基に、ディープラーニング技術を使用して単語やフレーズの関連性やパターンを学習します。そして、これらの学習データをもとに、ユーザーの投稿や文脈を解析し、次に続く可能性が高いテキストを出力する仕組みです。

ChatGPTは単に知識を得て正しい回答をするのではなく、入力された情報に対して自然な文章を続けて生成するツールです。この特性を理解し、上手に活用することが重要です。

 

日本語への対応

ChatGPTの言語モデルは多言語でトレーニングされているため、日本語での入力・出力が可能です。特別な設定は必要なく、「Send a message」と記載された部分に日本語を入力するだけで、自動的に日本語で応答します。

ただし、質問の言語によって回答が異なることがあるため、英語での回答の精度が最も高いとされています。回答に満足がいかない場合は、英語で再度質問してみることをお勧めします。

 

 

ChatGPTの機能

ChatGPTは、リリース以来、急速に普及し、現在では1億人以上のユーザーがいます。以下に、ChatGPTが行うことができる様々な機能を紹介します。

  • 指示に従った文章作成
  • 会話・雑談
  • アイデア提案
  • 論点整理
  • ブレインストーミング
  • 文章の要約
  • 文章のチェック・校正
  • プログラミング
  • 翻訳
  • 説明・リサーチ
  • データ抽出

指示に従った文章作成

ChatGPTは、指示に従って文章を作成する能力を持っています。たとえば、テーマや文字数、スタイルを指定して物語やレポートを依頼することができます。ビジネスシーンでのフォーマルなメール作成にも活用できます。

 

会話・雑談

ChatGPTは、単に文章の生成だけでなく、会話や雑談もできます。会話時には、リラックスした言い回しや方言などを使うよう指示すると良いでしょう。また、「元気を出してほしい」といった特定の要望に応じて雑談をしてくれます。

 

アイデア提案

生成型AIの特性を活かして、ChatGPTは指示に従って革新的なアイデアを迅速に提供できます。アイデアの用途や量を具体的に指定すると、望むアイデアを提案しやすくなります。

 

論点整理

戦略や企画の策定、レポート作成など、論点整理が必要な場面でもChatGPTは活用できます。例えば、少子高齢化の問題点を整理し、説明するような難解なテーマも、ChatGPTを使えば分かりやすくまとめることができます。

 

ブレインストーミング

ChatGPTを使用すれば、通常は複数人が必要なブレインストーミングを一人で行うことができます。企画のアイデア出しや課題解決の方法を考える際に、ChatGPTに参加者の役割を演じてもらい、様々な視点からのアイデアや批評を出してもらえます。

 

文章の要約について

ChatGPTを利用すると、複雑なテキストの要約が可能です。例えば、記事やレポート、メールをChatGPTに入力すれば、重要なポイントを絞り込んで簡潔にまとめることができます。ただし、非常に長いテキストの要約は難しく、無料版では一度に入力できるトークンの上限が4069となっています。

「AIを活用した作業効率化」の初回講座「ChatGPTでのメール要約術」では、メールを効率的に短縮する方法についてChatGPTを使いながら詳細に説明しています。この講座では、ChatGPTを含む最新の生成AIを活用した作業効率化の技術を学ぶことができます。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

文章のチェックと校正

ChatGPTは、文章のチェックや校正も可能です。長文を書いた後に誤字や文法的なミス、曖昧な表現がある場合、ChatGPTにチェックさせれば、文法的に正しい、わかりやすい文章へと修正できます。また、表現や言い回しの改善案も提案してもらえます。

 

プログラミング支援

プログラミングやマークアップ言語にも対応しているChatGPTは、コードの記述をサポートします。コード例を示し、ChatGPT上の「Copy code」機能を使えば、実際にそのコードを利用することもできます。ChatGPTが対応している言語には、Python、JavaScript、Java、C++、C#、Ruby、PHP、Swift、Go、Kotlin、TypeScript、HTML/CSSなどがあります。

 

翻訳機能

ChatGPTは100以上の言語に対応し、高い精度で瞬時に翻訳を行います。日本語から英語、韓国語、中国語などへの翻訳だけでなく、他の外国語同士の翻訳も可能です。例えば、海外のメールを翻訳したり、返信内容を考えてそれを異なる言語に翻訳してもらうこともできます。

 

説明とリサーチ

ChatGPTは、豊富なデータと強化学習を基にトレーニングされており、リサーチや説明にも利用できます。例えば「マーケティングで使用されるフレームワーク」といったリクエストに対して、概要や目的を詳細に教えてくれます。ただし、ChatGPTは2021年9月までの情報しか持っていないため、最新の情報については提供できない場合があります。正確な情報が必要な場合は、別途ファクトチェックが必要です。

 

データ抽出

ChatGPTは、入力されたテキストからデータを抽出し、分析することも可能です。例えば、新製品に関するコメントから価格に関する部分のみを抽出するなど、膨大なテキストデータから特定の情報をピックアップするのに便利です。

 

ChatGPTの限界

ChatGPTは多機能なAIツールですが、できないこともあります。例えば、2021年9月以降の最新情報に基づいた回答は提供できません。また、回答の正確性を完全に保証することはできず、URLへの直接的なアクセスも無料版では不可能です。ただし、有料版のGPT-4ではブラウジング機能が搭載されているため、URLからの情報抽出が可能です。

(2023年8月22日現在、一時停止中)

 

 

ここまで読んで、実際にやってみたくなった方におすすめ

「無料のChatGPT活用セミナー」があります。

無料なのに参加者特典も盛り沢山です!

これを活用してChatGPTの使い方をマスターしちゃいましょう!

今年中に始めておけば、まだ使っていない人の一歩先を進めます!

 

 

 

私の尊敬する七里信一さんが「ChatGPT活用セミナー」を主催します!ZOOMでの無料セミナーでChatGPTの奥深さを学べます。8つの特典も魅力。この機会をお見逃しなく!

▼▼無料セミナーはコチラ▼▼
https://ex-pa.jp/it/2yaa/ZOa

 

 

Verified by MonsterInsights