アマニ油で女性ホルモンのバランスを整える方法

食生活

日常の食事から得られる脂質では不足しがちな栄養素である「オメガ3系脂肪酸」があります。このオメガ3系脂肪酸を豊富に含む食材として注目されているのが「アマニ油」です。

オメガ3系脂肪酸とアマニ油の重要性

最近、「オメガ3系のオイルを積極的に摂っています!」という人が増えていますが、注意が必要です。普段の食事に手を加えずにアマニ油を追加しているだけの場合、脂肪摂取が過剰になる可能性があるかもしれません。

そのため、普段の脂質摂取バランスを見直し、アマニ油を効果的に摂取すること考えたほうがいいようです。

アマニ油と女性ホルモンの調和

アマニ油は女性のホルモンバランスを整えるのに役立つと言われています。アマニ油を選ぶ際に、特に注目すべき点は「リグナン」という成分が含まれているかどうかです。女性の方にとって、リグナンを含むアマニ油を選ぶことをおすすめします。

リグナンはポリフェノールの一種で、腸内細菌によって分解され、女性ホルモンであるエストロゲンのバランスを調整する役割があるとされています。このため、エストロゲンの濃度が高い場合には抑制し、低い場合にはサポートする作用があるとされています。それにより、肌や髪の健康をサポートし、更年期障害の緩和などが期待されます。

脂質摂取の適切なバランス

脂質の摂取量について話す前に、まず「脂質」について理解しましょう。脂質は細胞膜、血液、ホルモンなどの重要な構成要素であり、健康に不可欠な栄養素です。

しかし、脂質の過剰摂取は生活習慣病の原因となる可能性があるため、摂りすぎも摂りすぎないことも注意が必要です。

成人女性の1日の脂質摂取基準は、厚生労働省によれば約55gです。脂質は食材に含まれているため、調理に使う油としての適量は約15gと言われています。

脂質には「必須脂肪酸」と呼ばれるカラダが作り出せない脂肪酸が含まれています。それはオメガ6系脂肪酸オメガ3系脂肪酸です。

オメガ3系脂肪酸とアマニ油の利点

必須脂肪酸を含む食材について説明します。

オメガ6系脂肪酸は、一般的に大豆油やコーン油といった「サラダ油」に多く含まれており、私たちの日常食生活で充分に摂取されることが一般的です。しかし、摂りすぎは健康問題につながる可能性があるため、注意が必要です。

オメガ3系脂肪酸は、脂肪の多い魚(サケ、マグロ、マス、サンマ、ブリ、イワシなど)や甲殻類(カニ、ムール貝、カキなど)に多く含まれています。しかしながら、現代の食事傾向では魚を摂取する機会が減少しており、オメガ3系脂肪酸の不足が懸念されています。

このため、オメガ3系脂肪酸を効率的に摂取するために「アマニ油」が注目されています。

アマニ油にはアレルギー症状の緩和、炎症の抑制、動脈硬化や血栓の予防、血圧の低下などの利点があります。そのため、アマニ油を含むオメガ3脂肪酸を積極的に摂取することが推奨されています。

アマニ油の選び方と保管のポイント

アマニ油を選ぶ際のポイントは次のとおりです。

  • 「低温圧搾法」で抽出された油であること。
  • 遮光性の高い容器に入っていること。
  • ガラス瓶に入っていること。

アマニ油の調理法とおすすめレシピ

アマニ油は熱に弱いため、加熱調理には向かないことに注意が必要です。アマニ油を生で摂取することが最適です。

オススメの方法は「納豆アマニ油」です。納豆は腸の健康に良い発酵食品であり、大豆イソフラボンなども含まれています。

アボカドやキムチを加えることで美味しく食べられますし、ネギやシソなどの薬味をたっぷり加えて、主食として楽しむこともできます。

美容と健康をサポートする食材として、ぜひ試してみてください。

Verified by MonsterInsights